読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R.I.P Steve Jobs

皆様ご存知のとおり、Steve Jobsが他界しました。

この日記を書いているのはiMacで、インターネットへの接続にはAir Mac Extreamを使い、傍らにはiPhoneiPadがあります。

どうみてもApple教の信者で、そのことを自認もしていますが、そのすべてが自分にとっては「よい」ものを選択した結果です。

大半のスマートフォンiPhoneを模倣・・・もといリスペクトしていたり、薄型ノートPCの比較対象がMacBookAirになったりと、AppleやJobsは新しく世界を作り、基準を作りました。

そう、JobsはAppleという会社を通して世界を変えたのです。

政治家でもなく、アーティストでもなく、科学者でもないJobsが多くの人に影響を与え、世界を変えました。

私の生活の中にも、iPhoneは浸透し、iPhoneがない生活は考えられません。

そんな思いに浸るなか、こんな動画を見つけました。

元ネタはAppleのThink differentですが、最後を大きく変えています。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

彼はもう、居なくなりました。

世界を変えたiPhoneiMacの中で彼はずっと生き続けることでしょう。

ただ、どうしても分からないことが一つ。

Jobsが見ていた未来です。

いずれ、Appleが製品化するかもしれませんし、現れないかもしれません。

Jobsが見ていた未来と、それを体現できる製品は何だったのでしょう。

Jobsの生まれ変わりは現れません。

ならば、彼が見ていた未来にちょっとでも近づけるように、

自分が考える未来をちょっとずつ現実にしようと思います。

皆の時間は限られているから誰か他の人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない。教条主義の罠にはまってはならない。教条主義とは他の人々の思考の結果に従って生きることだ。他の人の意見という雑音に自分自身の内なる声をかき消されないようにしよう。そして最も重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。心と直感は本当になりたい自分をどういうわけか既に知っている。その他すべてのことは二の次だ。

ご冥福をお祈りします。