読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Capybara入門(テスト記述編)

テストを書く(単純編)

前回からの続きです。
ようやく本題です。まずは、index画面を表示させるテストを書くことにします。

require 'spec_helper'

describe "Tasks" do
   describe "GET /tasks" do
      it "displays tasks" do
         Task.create!(:name => "foobar")
         visit tasks_path
         page.should have_content("foobar")
      end
   end
end

テストを実行しましょう。

tsubame.local{miyohide}% rake spec:requests
/Users/miyohide/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290/bin/ruby -S rspec ./spec/requests/task_spec.rb
.

Finished in 0.57346 seconds
1 example, 0 failures
tsubame.local{miyohide}% 

見事成功です。

やっていることは単純で、

Task.create!(:name => "foobar")

で事前にデータを作っておいて、

visit tasks_path

で目的のページにアクセスしたら、

page.should have_content("foobar")

ページにさっき作ったデータが表示されていることを確認できるってことをやってます。

ちょっと複雑なテスト

一覧画面を表示するだけは流石にツマラナイので、新しくタスクを作成することをやってみます。

spec/requests/task_spec.rbに次を追加します。

   describe "POST /tasks" do
      it "create a task" do
         visit new_task_path
         fill_in "Name", :with => "hogehoge"
         click_button "Create Task"
         page.should have_content("successfully")
         page.should have_content("hogehoge")
      end
   end

ものから追加されたものを述べると、

fill_in "Name", :with => "hogehoge"

では、ラベル名「Name」に紐づくフィールドに値「hogehoge」を挿入するということをやっています。

fill_inには、ラベル名のほかに、フィールドのID値でもOKなので、

fill_in "task_name", :with => "hogehoge"

としてもOK。

後は、

click_button "Create Task"

で、"Create Task"というvalue値を持つボタンをクリック。後は、have_contentでデータが含まれているかどうかチェックしているだけですね。

画面を保存する

Webアプリなので、Web画面を保存したいですよね。これも簡単で、先程のプログラムに、save_pageと書けばOK。例えば、ボタンクリックした後の画面を保存したかったら、

   describe "POST /tasks" do
      it "create a task" do
         visit new_task_path
         fill_in "task_name", :with => "hogehoge"
         click_button "Create Task"
         save_page
         page.should have_content("successfully")
         page.should have_content("hogehoge")
      end
   end

と書けばOK。ファイルは、tmp/capybara/capybara-日付+時刻+なんか数字+.htmlといった感じで出力されます。

参考

参考にしたのは、RailsCastsです。

#257 Request Specs and Capybara

また、@jugyoさんも情報をまとめられています