読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Railsのよい書き方を紹介するRails Best Practicesとその検査gem

今日は、Railsのよい書き方を紹介しているサイト「Rails Best Practices」を紹介します。

Railsでアプリを書く際、ササッとできちゃうことをいいことに、あまり深く考えないでコードを書いてしまうことが良くあります(私だけ?)。

例えば、コントローラーに処理の大半を書いてしまう。

すでにFAQ的な扱いである本件ですが、気を付けないとついついやってしまいがちなこと。

そのような「良くない(bad smellがする)」コードとリファクタリングの例をそれぞれあげて紹介しているサイトが「Rails Best Practices」です。

先程の、コントローラーに処理を書いてしまう件も、「Move Model Logic into the Model」として上げられています。

で、このようなチェックを自動的にしてくれないかなぁという要望を叶えてくれるのが「rails_best_practics」gemです。

使い方も簡単でチェックも短時間。結果もHTMLとして出力可能。チェック内容の詳細を見たかったらリンクをたどることで「Rails Best Practices」の該当ページを読むことができます。

一度、自分のコードに対してチェックを掛けてみてはいかがでしょうか。