読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪マラソン2016を走ってきた

2016年10月30日(日)に開催された大阪マラソン2016を走ってきました。

f:id:miyohide:20161030145154j:plain

幸運なことに抽選に当たったので、参加することに。

connect.garmin.com

目標はサブ4。キロ5分半で30キロまでは走り、そこからは残った体力勝負ってな感じで入ったのですが、残り5キロぐらいから大体死んでました。

最後、気力を振り絞ったのですが、サブ4まであと一歩足りず...というか、わざわざ手に入れているものを自ら放棄している感じかも。

f:id:miyohide:20161030154148j:plain

前日

ゼッケン受付が前々日と前日のみ。事前配送物はなく、ネットで手続きをするだけ...なんだけど特に通知も何もなく、たまたま覗いたWebページでネットでの手続きが必要なことに気がつきました。ちょっと不親切な気がします。

前日の土曜日に横浜から大阪に移動し、ゼッケンを受け取ったあとは早々にホテルに向かい、早々に就寝...しようとしたのですが、ちょうど日本シリーズをやっていたので、寝るに寝られず。結局23時ぐらいまで起きてしまいました。

当日(スタート前)

朝は5時ぐらいには起きて朝食。準備をして6時半にはチェックアウトして大阪城公園へ。すでに多くのランナーで電車が埋まりました。

荷物預け締切が8時。整列締切は8時40分。荷物預けはサクッとできたのですが、整列はトイレ渋滞と整列場所までの混雑がひどく、30分前に移動開始したのにギリギリセーフ。ここらは運営側の改善がほしいところ。

スタート

あたふたしたままスタート。スタート直後の渋滞もそんなに無く、キロ5分半のペースを掴む。このままいけるかなぁと思ったけど、どうしてもペースが上がってしまう。抑えよう抑えようとずっと心がけながら走る。

10キロあたり

5分半/kmを目安に走っていると、いきなり肩を叩かれる。何事?と思っていたらランステで見知った仲間が。ちょっと元気が出る。このままペースを維持しながら距離を刻む。

20キロ過ぎ

半分。ちょっと疲れている。いつの間にかランステの仲間とも離れ、途中で「サブ4目指している」という桧山のユニフォームを着たランナーと並走する。大阪という土地柄なのか、阪神のユニフォームを着た人を結構見かける。

30キロ過ぎ

時計を見るとちょうどいいペースで来ている。これからが辛いところ。体の調子がダイレクトに出てくる。

そんなさなか、右ふくらはぎがちょっと痛みだす。これまでになかった痛み。ちょっとやばさを感じる。

37キロ過ぎ

南海大橋あたりで右ふくらはぎが攣りそうになる。やばい...。ちょっと歩いて様子を見る。大丈夫そうなので、徐々に走ると痛みが出てくるポイントがあるのでほぼ早歩きな感じで前に進む。後5キロ。こんなに長かったっけ...

ゴール

そのまま痛みはあまり引かずにゴール。う〜ん、ちょっと悔いが残るタイムだしレースであった。ちょっと残念。

ゴール後

ゴール後は、ゆっくりと着替えをし、無料のマッサージを受ける。会場から大阪駅までの直行バスを予約していたのでそれに乗って帰る。このバスは完全予約制。自分は17時の便を予約していたんだけど、早めに行って聞いてみたら「空席があったらOKですよ」ということ。無事、空席が出て早めに帰ることに成功。その後はJRで新大阪まで行き、新幹線で横浜まで帰る。マッサージを受けた結果か、そこそこ普通に歩けて帰れた。

反省会

やっぱりというかいつも通りというか、35キロ過ぎが自分にとって勝負。辛い時にかんたんに心が折れてしまうのはどうやって鍛えたらいいんだろうと思うんだけど、やっぱり長い距離の練習なのかなぁ。