2024-06-01から1ヶ月間の記事一覧

AWS LambdaでSpring Cloud Functionで作ったアプリを動かす

はじめに 先日、Spring Cloud Functionを使ってAWS Lambda向けのアプリケーション実装について記しました。 miyohide.hatenablog.com 上記の記事では、ローカルで動かしてみたところまでやりましたが、実際にAWS Lambda上で動かしてみます。 AWS Lambda上で…

Amazon RDSにてDBインスタンスのパラメータを変更する手順

はじめに Amazon RDSを使う時に、チューニングやログ出力などでパラメータのデフォルト値から変更したい場合が結構あります。そのとき、パラメータの値を変更しようとするが、デフォルトで用意されたパラメータグループには編集ボタンが出てこずにあれ?って…

DynamoDB Local: AWS公式のローカルデータベース

はじめに だらっとDocker Hubを見ていたらDynamoDBのlocal版がDocker Hubにて公開されていることを知りました。 https://hub.docker.com/r/amazon/dynamodb-local よくよく調べてみたら、DynamoDB localとしてAWSのドキュメントがありました。 docs.aws.amaz…

AWS LambdaとSpringの融合:Spring Cloud Functionの活用

はじめに SpringプロジェクトにはServerless用のフレームワークとしてSpring Cloud Functionというものがあります。 spring.io Webアプリで使い慣れたSpring Bootと同じ考えをAWS LambdaやAzure Functionsなどに適用できることから、魅力的に映る人もいるか…

AWS Lambdaにおけるランタイムバージョンの制御(2)

はじめに 先日、AWS LambdaのRubyランタイムバージョンを確認するということをやりました。 miyohide.hatenablog.com この記事を書いてから2週間、現在のバージョンはどうなっているかを確認しました。 2024年6月2日時点のRubyのランタイムバージョン 確認し…