読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたれWindowsプログラマの続き

へたれWindowsプログラマになることが続いている。

僕がWindowsプログラミングのどこに挫折したかというと、複雑怪奇なMCF/ATLの仕様。たくさんの引数に、いろいろtypedefされた型。んでもって、リソース開放もそれぞれいろいろあるので、ワケワカな感じ。

Windowsプログラミングの極意って本があって、これを読んでいくと一部は「なるほどなぁ。」と思うこともあるんだけど、やっぱり使いづらい。納得はするけど、それで使いやすさとのバーターになるかというとそうではないのが残念なことだ。

Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!

Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!

最近は、iPhoneアプリを作りたいって一心でMacプログラミングをまじめに見ているんだけど、Carbonあたりになってくるとやっぱり使いづらい。問題は母語で読める資料の絶対量なので、ぜひともアップル社には頑張ってほしいなぁと思う今日この頃。

え?!自分で英語を勉強する気持ちですか?そんなもの全然ありません。

いっそのこと、海外に放り出されない限り、たぶん英語はできないまんまだと思う。