読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モデルにテーブルのカラム情報をコメントで追加してくれるannotator(基礎編)

Rails Ruby

Railsアプリを開発している時、テーブルのカラム情報を確認したい時があります。

db/migrate以下のファイルを追うのは結構面倒くさいし、rails dbconsoleなんかでみるのもなんとなく面倒くさいです。

そこで役立つのがannotatorというgem。早速試してみましょう。

インストール

インストールはいつもどおり、Gemfileに

gem 'annotator'

と書けばOK。bundle installしておきます。

さて、まずはコメントを挿入するモデルを作ります。

rails g model LineItem quantity:integer product_id:integer unit_price:float order_id:integer

作成されるmigrationファイルは次のようになります。

class CreateLineItems < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table :line_items do |t|
      t.integer :quantity
      t.integer :product_id
      t.float :unit_price
      t.integer :order_id

      t.timestamps
    end
  end
end

テーブルを作成します。

rake db:migrate

その後、annotateコマンドを実行します。

tsubame.local{miyohide}% annotate
Annotated (1): LineItem
tsubame.local{miyohide}% 

すると、app/models/line_item.rbには次のようなコメントが入っています。

# == Schema Information
#
# Table name: line_items
#
#  created_at :datetime         not null
#  id         :integer          not null, primary key
#  order_id   :integer
#  product_id :integer
#  quantity   :integer
#  unit_price :float
#  updated_at :datetime         not null
#

class LineItem < ActiveRecord::Base
end

ちなみに、db:migrateを実行し忘れると、次のようなエラーメッセージが出てしまいます。

Unable to annotate line_item.rb: Could not find table 'line_items' (/Users/miyohide/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p290@blogtest/gems/activerecord-3.2.2/lib/active_record/connection_adapters/sqlite_adapter.rb:465:in `table_structure')
Nothing annotated.

削除するなら-dオプションで。

tsubame.local{miyohide}% annotate -d
Removed annotation from: LineItem
tsubame.local{miyohide}%

綺麗に削除されています。

class LineItem < ActiveRecord::Base
end

今回はここまで。次回は、カラムの追加と削除について試してみます。